AGAに効果的な薬用シャンプー「デライトファンシー」通販サイト|木鶏産業合同会社

男女、年齢を問わず、AGA・薄毛・若ハゲ・フケ・カユミにお悩みの方はスキャルプシャンプーとセットでぜひお試しください。

ホームブログ ≫ 抜け毛の悩みや疑問についてお答えします ≫

抜け毛の悩みや疑問についてお答えします

毛髪には、髪が成長して自然に抜け落ちるサイクルである「毛周期」があります。
ヘアサイクルには、「成長期」「退行期」「休止期」の3つの段階があって、全体の80~90%の髪は「成長期」にあり、
ヘアサイクルの中でも最も長い期間です。退行期は、髪が自然に抜け落ちるための準備期間で、約2~3週間です。
休止期は、古い髪が抜け落ちる準備をしており、髪の成長は完全に止まっています。
新しい髪の毛が生えてくる準備期間は、約3〜6ヶ月です。
10代・20代の若い世代の方は、抜け毛というと必要以上に心配して、お悩みのようですが、
ヘアサイクルによって髪の毛が抜けるのはごく普通のことです。
人は1日に約50~100本の髪の毛が抜けると言われています。
ただ、抜け毛の数を正確に数えることは難しいのですが、排水口にいつもより髪の毛が多いと感じたり、
枕にいつもより抜け毛が多いと感じたりしたら、注意したほうがいいかもしれません。

申し上げた通り、抜け毛は人として自然なことですが、あまりにも抜け毛が多い場合は要注意です。
1日の抜け毛の量が100本以上で、またそれが毎日続くようであれば、薄毛が進行している可能性が高いといえます。
抜け毛が多いと感じたら、育毛剤・育毛シャンプーを使用するか、クリニックでの受診をおすすめします。
日常生活の中で最も多い抜け毛は、シャンプー時です。そのため、シャンプー時にいつもより抜け毛が多いと感じたら、
毛量や髪の状態、頭皮環境などに注意してみてください。

抜け毛が増える原因を説明します。抜け毛の理由は大きく分けて8つあります。
1. 帽子やヘルメットをかぶる習慣がある
2. 男性型脱毛症 AGA(女性はFAGA)の場合
3. 飲酒の習慣がある
4. 喫煙習慣がある
5. 過度のストレスがある
6. 睡眠不足が続いている
7. 運動不足が続く
8. 紫外線を浴びることが多い
それぞれについて詳しく説明します。

1. 帽子やヘルメットをかぶる習慣がある
帽子やヘルメットが直接、薄毛の増加や抜け毛の原因になるわけではありませんが注意は必要です。
帽子やヘルメットで気をつけたいのは、頭皮の蒸れ。頭皮が蒸れた状態が続くと、
細菌の繁殖が起こりやすくなります。
細菌の繁殖は頭皮環境を悪化させ、抜け毛の増加につながります。長時間、帽子やヘルメットをかぶった日は、
いつもより念入りに洗髪するか、帽子やヘルメットを丸洗いして清潔に保つようにしましょう。

2. 男性型脱毛症 AGA(女性はFAGA)の場合
ホルモンバランスが抜け毛の増加に影響することがあります。男性型脱毛症のAGA(女性はFAGA)は、
ホルモンバランスが関係しています。AGAは、ヘアサイクルの中で最も長いはずの成長期が通常より短く、
髪が完全に成長する前に成長が止まってしまいます。その後、退行期と休止期がやってくるので、
抜け毛の期間が早まるのです。

3. 飲酒の習慣がある
お酒を飲むことも、薄毛や抜け毛を増やす原因になります。もちろん、適度な量であれば影響はありませんが、日常的に飲み過ぎていると感じている方は注意が必要です。飲酒が抜け毛の増加につながる理由は、髪の毛に必要な栄養素が、体内でアルコールを分解するために使われるからです。
アルコールは、肝臓で分解されるときにアミノ酸が使われます。アミノ酸は髪の毛の成長にも欠かせない栄養素です。飲酒の習慣がある人は、抜け毛の増加を防ぐためにも、少しお酒を控えたほうがいいでしょう。

4. タバコを吸う習慣がある
喫煙習慣があると、頭皮や髪の毛にダメージを与え、抜け毛の増加につながります。喫煙によりニコチンが体内に取り込まれ、血行不良を引き起こします。血行不良は、頭皮や髪の毛にダメージを与えます。
喫煙が頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼすのは、血行不良だけではありません。喫煙を続けていると、血液中に悪玉コレステロールが増えます。
悪玉コレステロールを減らすために、体内ではタウリンという物質が作られますが、タウリンを作るためにはアミノ酸が使われます。悪玉コレステロールを減らすためにアミノ酸が使われると、髪の毛の成長に使われるアミノ酸が減ってしまい、抜け毛が増えてしまうのです。

5. 過度のストレス
抜け毛の増加には、ストレスも深く関係しています。過剰なストレスを感じると、交換神経の影響で血管が細くなってしまいます。血管が細くなると、髪の毛に届くべき栄養分も減ってしまうため、成長期でも髪の毛が伸びなくなってしまいます。新しく育つはずの髪が、十分に育たないまま、テロゲン期とカタゲン期に抜け落ちてしまうのです。

理由6. 睡眠不足が続く
寝る子は育つ」という言葉がありますが、髪の成長にも睡眠は必要です。睡眠中は、髪の毛を作る成長ホルモンが分泌されます。そのため、睡眠不足が続くと、人間の体だけでなく、髪の健康にも影響が出てきます。

7. 運動不足が続く
運動不足が続くと、筋肉の動く量が減り、筋肉が硬くなって血行不良につながります。血行不良になると、髪への栄養が行き渡らなくなるので注意が必要です。
運動不足を感じている方には、有酸素運動がおすすめです。有酸素運動をすると、血流が良くなり、髪に栄養が行き渡ります。歩く人、いつもエスカレーターやエレベーターを使う人は階段を、電車通勤の人は一駅分歩いてみるのもいいかもしれません。

8.紫外線を浴びることが多い
紫外線は髪にも影響を与えます。特に日差しの強い夏場は要注意です。
頭皮が紫外線を浴びると、「光老化」という現象が起こります。光老化とは、加齢とは別に、紫外線を浴び続けたときに起こる老化のことです。紫外線を浴びて頭皮の光老化が進行すると、血行不良が起こり、抜け毛が増えてしまいます。

 
2021年09月17日 22:35

木鶏産業合同会社

〒125-0062
東京都葛飾区青戸8-3-8-208

03-6875-8931
FAX/03-6875-8931

受付時間 9:00~17:00
土曜・日曜・祝日 定休

会社概要

この度のコロナウイルスの影響により、しばらくの間、お客様相談窓口は、電子メールのみでの受付となります。 弊社事務スタッフについては一部スタッフを除き、原則、テレワークとさせていただいており、お客様にはご理解を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

モバイルサイト

木鶏産業合同会社スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら